財布を落としたことで無一文になり生活費が無い場合はどうするか

【PR】プロミスは最短1時間融資
↓↓↓↓↓↓
カードレス+時間のない
※プロミスは初めてなら30日間無利息なので、次のお給料日に返済すれば利息は0円です。財布を紛失した人に重宝されています。 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

手持ちのお金は大抵財布の中に入っているので、財布を落として無一文になることもあるでしょう。その場合はまず警察に紛失届けを出すこと、キャッシュカードやクレジットカードも一緒に落とした場合は銀行・クレジットカード会社に連絡することが必要になります。

警察に紛失届けを出す理由については落とした財布を拾った人がすぐに善意で交番等に届けている可能性があるからです。そうすれば無一文の状態から早々に抜け出すことができるので、生活費を問題なく支払うことができるようになります。

財布を落としたらスグに銀行やクレジットカード会社に連絡する

銀行・クレジットカード会社への連絡は第三者によるキャッシュカードやクレジットカードの悪用を防ぐ目的もありますが、可能な限り早く各カード類を再び利用できる状態にする目的もあります。というのも、たとえ落とした財布がすぐに見つからなかったとしても、キャッシュカードやクレジットカードがあれば生活費を捻出できるからです。

キャッシュカードなら銀行口座から預金を引き出すことができますし、クレジットカードなら指定口座に十分なお金があれば後払いでショッピングが可能です。もちろん自宅にキャッシュカードやクレジットカードが一枚でも残っていれば、それを利用することで当座の危機は乗り越えられるはずです。

キャッシュカードの再発行は1週間程度かかりますが、取引銀行によってはスピーディーな再発行サービスを取り扱っている場合があります。こういった再発行サービスには時間帯やキャッシュカードの種類に条件があることが多いので、まずは条件を満たしているかどうかを確認しておき、満たしているなら積極的に利用していきましょう。

また、クレジットカードの再発行は比較的キャッシュカードよりも時間がかかり、2週間程度かかります。

財布を落として自宅に帰れない場合と、帰った後にすること

しかし、そもそも自宅に帰るための交通費やカード類の再発行にかかる手数料が支払えないというケースもあるはずです。その場合は、消費者金融の即日融資を利用する手段もあります。

自宅に帰ることができたら現金がどこかにないか探してみましょう。どうしても見つからない場合は自宅にある品物を買取サービスで売却し、現金を得る方法があります。最近の買取サービスは手数料無料で純粋に売却価格だけを獲得できるので、身分証明書さえあれば利用できます。

財布を落とした後、当面の生活費をどう工面するのか

財布を落として手元にお金がなく無一文という場合、当面の生活をどうしたらよいのかという点について考えてみましょう。節約方法についてもご紹介します。

・友人や家族にお金を借りる

まずは信頼できる家族にお願いするのが一番だと思います。それでもだめなら、その後、友人など近い関係の人にも相談してみましょう。

・家からあまり出ずに、車にも乗らない、電話も使わない

しばらくの間は家にいて娯楽は控え、移動は電車にしましょう。電話代もバカになりませんのでLINEなどで代用しましょう。大変な状況だと、気持ちに余裕を持つことが出来なくなって、家族や友人に当たってしまわないように注意が必要です。仮にお金を貸してもらうことが出来なくても自分が同じことをされて嫌だと思うことはしないように気を付けましょう。

・旅行は我慢する

・会社や雇用主に給料の前借りが出来ないか相談してみる

・仕事以外、出来る限り支払いの手続きを減らす

不要な外食等は控えて、貯金がある場合はを切り崩しながらできる限り節約していきましょう。日本は治安が良い場所ですので、戻ってくることを信じて耐えましょう。

・余計なサービスを解約、停止する

スマホのアプリに毎月課金している人は停止するなど、無駄なお金を使わないようにしましょう。本当に小さな金額でも、財布がなくなった今、アプリをやっている余裕はないはずです。

・保険証の再交付手続き

これは節約術でも何でもありませんが、財布を無くした時に保険証も一緒に無くしてしまうケースが大変なので関連する事項としてご紹介します。保険証をなくした時の対応は加入しているサービスによって問い合わせ窓口が異なりますので、どうすれば解決するのが聞いて教えてもらいましょう。

・落とした場所をもう一度探してみる

財布が戻ってきた後ですること

・中身を確認して全ての物が戻ってきたかをチェック

・拾ってくれた人へのお礼を忘れない
落し物を拾ってくれた相手には謝礼を支払わないといけません。謝礼の額がいくらなのかは法律で割合が定められていますので、普段からあまりにも多くの大金を財布に入れていると謝礼の金額が膨れ上がってしまうので気を付けましょう。

日頃からできる財布を落とした時の為の対策

普段から財布を無くしても困らないように、自宅には手元に使えるお金を用意しておくことも対策の一つです。また、外出時には財布とは別に、ポケット等に行きと帰りの電車賃くらいは小銭を用意しておくことで、万が一、財布を紛失しても無事自宅には帰ることが出来ます。

  1. 財布を落としたらスグに銀行やクレジットカード会社に連絡する
  2. 財布を落として自宅に帰れない場合と、帰った後にすること
  3. 財布を落とした後、当面の生活費をどう工面するのか
  4. 財布が戻ってきた後ですること
  5. 日頃からできる財布を落とした時の為の対策
【PR】プロミスは最短1時間融資
↓↓↓↓↓↓
カードレス+時間のない
※プロミスは初めてなら30日間無利息なので、次のお給料日に返済すれば利息は0円です。財布を紛失した人に重宝されています。 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
最短1時間