財布を落としたら警察に連絡するか交番へ

【PR】プロミスは最短1時間融資
↓↓↓↓↓↓
カードレス+時間のない
※プロミスは初めてなら30日間無利息なので、次のお給料日に返済すれば利息は0円です。財布を紛失した人に重宝されています。 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

財布を落とした時、警察や交番に連絡することは重要です。なぜ重要かというと、理由は2つあるのですが、1つは「落とした財布を見つけるため」です。もし落とした財布を拾った人がいた場合、善良な人であれば同じく警察や交番に連絡する可能性があります。

そうすれば落とした人と、拾った人の情報が警察内で共有されることになり、早急に落とした人に連絡が行くというわけです。もし落とし主が警察に知らせていなかったとすれば、せっかくの善意も無駄に終わってしまうことでしょう。

もう1つは財布に入っているクレジットカードやキャッシュカードを悪用された時のための防衛策です。クレジットカードやキャッシュカードなどのカード類は財布に入れていることが多く、拾った人が悪人であれば悪用される可能性はかなり高くなってしまいます。

しかし、これらのカード類は現金とは違い、利用した時に記録が明確に残ります。そのため、万が一悪用されたとしても、警察に遺失の事実が伝えられていれば、「第三者が不正にカード類を使用した」ということが容易に判明するわけです。すると犯人検挙にも役立ち、結果使用された財布やカード類が落とし主に戻ってくる可能性が高まります。

警察に遺失の事実を伝えるには遺失届けを交番等で提出する必要があります。その届けには名前、電話番号、遺失日時、遺失場所、遺失した物といった情報を書き込みます。遺失届けが受理されると、受理番号が発行されます。遺失届けの証明はこの受理番号で行うことになるので、忘れないようにしましょう。

交番や警察署の場所がわからなければ、インターネットで地域ごとに探してみてください。また、受理番号が後日問い合わせで発行される場合は警察が遺失届けの内容を質問し、記録と合っているかどうかを確認するので、書いた内容は覚えておいてください。

遺失した物にクレジットカードが含まれる場合、財布を落とした時に悪用されやすいので、各クレジットカード会社は警察と連携を取ったり、独自の補償サービスを取り扱うなどして、体制を整えています。そのため、遺失届けを出すのと同じくらい早く、クレジットカード会社にも連絡しておく必要があります。

警察、クレジットカード会社双方のサポートを得ることで、財布を落としたことで自身に及ぶ被害を最小限に抑えることができるはずです。たとえば、あるクレジットカード会社の補償サービスには連絡してから2ヶ月前までのクレジットカード払いを肩代わりしてくれるものがあります。

【PR】プロミスは最短1時間融資
↓↓↓↓↓↓
カードレス+時間のない
※プロミスは初めてなら30日間無利息なので、次のお給料日に返済すれば利息は0円です。財布を紛失した人に重宝されています。 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
最短1時間