財布を落とした後、電車賃等のお金が無くて帰れない時の対処

【PR】プロミスは最短1時間融資
↓↓↓↓↓↓
カードレス+時間のない
※プロミスは初めてなら30日間無利息なので、次のお給料日に返済すれば利息は0円です。財布を紛失した人に重宝されています。 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

お金やカード類をすべて財布に入れていた場合、その財布を落とした時に運賃等を払えずに帰れなくなることがありますが、その際の有効的な対処法は「お金を借りる」ことです。

財布を落とした時にお金を借りる「公衆接遇弁消費」とは

たとえば交番に行き、「公衆接遇弁消費」で借りることがあげられます。「公衆接遇弁消費」というのは規定の事情(所持金遺失含む)に当てはまる人に対して警察が現金を貸す制度のことです。

このようにしっかりと制度として明確にあるので、警察官の厚意とは関係なく借りることができるのです。しかし、近年は警察から借りてそのまま返さない人も多いことから、警察官の対応が厳しいこともあります。そのため、交番で借りる時は「財布を落としてお金がないこと」をしっかりと伝えるようにしましょう。

「公衆接遇弁消費」で借りることのできる金額は事情に応じて警察が決定します。もちろん高額な金額は望めません。借りる時は名前と住所を伝え、後で必ず返さなければなりません。場合によっては身分証明書を提示する必要があります。というのも、偽名でお金を不当に借りる犯罪もあるからです。

また、「公衆接遇弁消費」は交番だけでなく、さまざまな施設に適用される制度です(適用対象は警察署・企画課・運転免許試験場・鉄道警察隊・交番・地区交番・駐在所・地域安全センター・鉄道警察隊分駐所・鉄道警察隊連絡所・パトカー)。

※駅だと駅員に相談したくなるところですが、帰る為の交通費は鉄道警察に相談しましょう。

そのため、これらに当てはまる施設があれば、相談にいくといいでしょう。返済はお金を借りた施設はもちろん、それ以外の関係施設でも可能です。自宅がお金を借りた施設から遠くにあるという場合は最寄の施設を選びましょう。

「公衆接遇弁消費」以外では鉄道窓口で借りる方法があります。この場合も「公衆接遇弁消費」と同様に名前と住所の記入、また場合によっては身分証明書の提示が必要です。鉄道費用だけが必要なのであれば、鉄道窓口でお金を借りる方が楽である可能性があります。

公的機関を通した対処法を避けたい場合、家族や友人に迎えに来てもらう方法があげられます。また、即日融資の消費者金融でお金を借りる対処法もあります。ただ消費者金融よりも、「公衆接遇弁消費」で借りる方が金利や手数料がかからず、取り立てもない安心があります。

取り立てがないからといってあちこちで借りたまま返さずにいると、逮捕される可能性があるので、決してこの制度を悪用しないでください。返済期限はありませんが、できるだけ早く返すようにしましょう。

消費者金融でお金を借りる

財布の中にキャッシュカードやクレジットカードが入っていて一緒に落としてしまった場合は、お金を引き出したりクレジットカードのキャッシング枠を使うこともできません。そうなれば、消費者金融でお金を借りるという方法も一つの選択肢になります。

有名どころで言えば、プロミス・アコム・モビット・アイフルなどのカードローンがあります。

おすすめはプロミスです。初めての借入なら30日間無利息ですので、1カ月以内に財布が見つかったり、自宅に帰り現金があれば、その時点で返済をすれば利息が無料になるからです。審査も早く、最短1時間で借り入れができますので、緊急時にも重宝します。

【PR】プロミスは最短1時間融資
↓↓↓↓↓↓
カードレス+時間のない
※プロミスは初めてなら30日間無利息なので、次のお給料日に返済すれば利息は0円です。財布を紛失した人に重宝されています。 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
最短1時間