財布を落とした時の対処一覧

通帳やキャッシュカードを紛失した場合にすること一覧

通帳やキャッシュカードを紛失した時は慌ててしまい、自分がきちんと紛失手続きできたかわからなくなることもある。そんな時のために通帳やキャッシュカード紛失時にすることを一覧にしてみた。手続きや届け出を終えたかどうか、再確認する際に活用しよう。

続きを読む

運転免許証を紛失した場合の再発行手続きの流れ

運転免許証を紛失した場合も保険証と同様、クレジットカードやキャッシュカードのように「利用停止」ということができない。そのため免許証を悪質な人に運悪く拾得されてしまった場合、免許証を勝手に身分証として使われてしまい、消費者金融やクレジットカード会社での借金や商品購入などに悪用されてしまうことが考えられる。

続きを読む

健康保険証を紛失した場合の再発行手続きの流れ

健康保険証を紛失した場合、クレジットカードやキャッシュカードと異なり利用停止することができない。そのため運悪く健康保険証を悪用され、消費者金融で第三者が借金を行うのに使われてしまうことがある。これを防ぐためにも、保険証を紛失した場合は、まず早急に警察に届け出を行っておきたい。さらに悪用されていないかどうかを調べ、悪用を防ぐために、信用情報を預かっている機関にも合わせて連絡や手続きを行っておくことが必要だ。具体的には以下の流れとなる。保険証を紛失した場合に参考にしよう。

続きを読む

財布を落とした時に免許証を紛失したときの対処

財布を落とした時に免許証を紛失してしまった場合、まず警察に紛失届けを出しましょう。届けには「遺失物の内容」を記入する項目があるので、そこに「免許証」と書いておけば大丈夫です。そうすることで万が一免許証を第三者に悪用されたとしても、警察の方で紛失情報が共有されているので、自分が疑われずに済みます。

続きを読む

財布を落としたら警察に連絡するか交番へ

財布を落とした時、警察や交番に連絡することは重要です。なぜ重要かというと、理由は2つあるのですが、1つは「落とした財布を見つけるため」です。もし落とした財布を拾った人がいた場合、善良な人であれば同じく警察や交番に連絡する可能性があります。

続きを読む

財布を落とした後、電車賃等のお金が無くて帰れない時の対処

お金やカード類をすべて財布に入れていた場合、その財布を落とした時に運賃等を払えずに帰れなくなることがありますが、その際の有効的な対処法は「お金を借りる」ことです。たとえば交番に行き、「公衆接遇弁消費」で借りることがあげられます。「公衆接遇弁消費」というのは規定の事情(所持金遺失含む)に当てはまる人に対して警察が現金を貸す制度のことです。

続きを読む

1458637139S1UqbpsN1uoTSof145863713820110516追加 728*90