財布を落とした時に、最短1時間・利息0円でお金を借りる方法

外出先で財布を落としたり、なくしたりしてしまった時、電車賃が無くて帰れないなど、お金が無くても困ることがあると思います。

しかし、そんなときでも プロミスを使えば最短1時間でお金を借りることができます ので、帰りの交通費だけ借りたいといった使い方もできます。

↓↓↓プロミス公式サイト↓↓↓
カードレス+時間のない

プロミスは初めて利用する方なら30日間無利息になりますので、財布を落としてお金を借りた日から 1カ月以内に返済をすれば利息は1円も払う必要がありません。 次のお給料日までに返済できれば全く問題もありません。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

電車賃として1000円借りても、1カ月以内であれば、借りた金額と同じ1000円を返すだけでOKということです。利息は付きません。

プロミスでお金を借りるまでの具体的な流れ

1.まずスマホからプロミス公式サイトにアクセスして、カードローンの申し込みをします

2.早ければ30~60分程度で審査結果が送られてきます(申し込む曜日や時間帯により審査時間は異なります)

3.審査に通過したら近くにあるプロミス、もしくは三井住友銀行の自動契約機に向かいます

4.自動契約機で正式に契約を完了したら、その場でお金を借りることができます

5.借りたお金を1カ月以内にプロミスや三井住友銀行のATMで返済します

これが財布を落とした時に最適な、最短1時間・利息0円でお金を借りる方法です。

ぜひ試してみてください。

プロミスの申し込みは以下の公式サイトから手続き可能です。

↓↓↓プロミス公式サイト↓↓↓
カードレス+時間のない

近くにプロミスが無い場合は、アコムやSMBCモビットがオススメ

プロミスの店舗が近くに無い場合には、アコムかSMBCモビットをお勧めします。どちらも審査スピードが早く、店舗数も多いため緊急時に重宝します。

アコムも最短1時間でお金を借りることが出来、はじめての方なら30日間金利が無料になりますので、財布が見つかり次第返済するなり、次のお給料で返済をすれば、金利を払わずに利用することが出来て便利です。

300x250 オリコンバナー

SMBCモビットも審査が早く、最短で即日融資も可能です。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちであれば、WEB完結なら電話連絡や郵送物が無く借りられるので、スピーディかつ、職場の人などにバレにくいというメリットがあります。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ただし、30日間無利息のサービスはありませんので、利息を1円も払いたくないという場合はプロミスかアコムを選ぶと良いでしょう。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

財布を落とした時、なくした時にやること一覧

財布を落とした時に真っ先にしないといけないことは、まず悪用される恐れのあるもの、危険度の高いものです。これらを優先的に対応することが鉄則ですので、そういった順番ですべきこと一覧をまとめてみますので参考にしてみてください。

クレジットカードを止める

クレジットカードさえあれば、そこにカード番号、セキュリティ番号、さらには所有者名もありますので、これらの情報さえあればネットで簡単に買い物が出来てしまいますので、真っ先に止めなくてはいけないものです。

「クレジットカード名+紛失(盗難、落とした、なくしたetc)」などで検索すれば大抵のクレジットカード会社の連絡窓口が見つかります。

キャッシュカードを止める

銀行のキャッシュカードを使って、ATMでお金を引き出そうとしても暗証番号がわからなければ、お金を引き出すことは出来ませんが、それでも大量の現金が入ったカードであれば、優先的に対応する必要があります。

「キャッシュカード名+紛失(盗難、落とした、なくしたetc)」などで検索すれば大抵のキャッシュカード会社の連絡窓口が見つかります。

警察、交番へ行く

警察や交番に行って落とし物として届けられていないかを確認しましょう。もし落とし物として届けられていなければ、その場で届け出を出して、万が一、警察や交番に落し物が届いたときに連絡を貰えるような状態にしておきましょう。

また警察署のホームページにアクセスすると遺失物一覧をネット上で確認することが出来ますので、後日確認してみましょう。

もし、落とし物として届けられていたが、中身が抜き取られている場合は被害届なども検討することは可能ですが、現実的にはお金が戻ってくる可能性は低いかもしれません。

※ただし財布を落とした場所が、電車・地下鉄、飛行機・空港、ショッピングセンターなどの場合は、それぞれの機関・施設への問い合わせも忘れずに行いましょう(JR、東京メトロ、ANA、JALなど)。

財布を無くした後日やること

もちろん、財布を無くした当日に出来ればベストではありますが、なかなか1日ですべての手続きを済ませるのは難しいけれど、やらなくてはいけないことをまとめました。

保険証の再発行、再交付を受ける

保険証の再発行手続きは、お住まいの市町村の役所・役場に問い合わせたり直接出向いたりすることで対応しましょう。

免許証の再発行、再交付を受ける

免許証の再発行手続きはお住まいの地域の運転免許センターに問い合わせましょう。

財布を落としたら、まずは交番へ

財布を落としてしまったことに気づいたら、まずは警察にいきましょう。
最寄りの警察署に届出を出すことがまずはやることです。
警察署、或いは交番でも可能です。
遺失届というのはこれを失くしました、ということを警察に登録しておくために必要な届けになります。
これには遺失者の名前、失くした物、連絡先、遺失した日時、場所などを記入します。
遺失届を出しておくとクレジットカードなどの悪用などがされた時などに自分が使ったものではない、と証明もできるようになります。

駅や電車で財布を落としたらどこへ行けばいい?

よく財布を失くすことが多い場所として駅とか電車があります。
そうしたところで落とした場合はまずは駅員室に行きましょう。
そこに届けられている可能性があります。
別の駅に届けられていても情報は共有されていますから大丈夫です。
そこになかったら警察にもいきましょう。
電車で落とした場合、普通は施設管理権がある駅側に持っていく必要性があるのですがよく知らない人がそのまま自分で警察に持っていく人もいます。
それに見つからないのであれば紛失届を出す必要もありますから、駅員室になかったら警察にはいきましょう。

財布を落とした後、悪用されたらどうすればいい?

財布に入っているカード類などを悪用されることがあります。
この場合、自分に責任があるのか、となるでしょうが紛失届けを出しているとそれはほぼ免責されます。
しかし、悪用されてしまったら揉めることにはなります。
届出を出しており、自分ではないことが証明されますとクレジットカードなどはこちらに請求したりはされないですがそれでも弁護士などに依頼して解決しないといけない事態となる可能性もあります。
とにかく悪用されたカード会社と話をすることにはなります。

財布を落とした時にやること

財布を落としたときには、すぐにクレジットカードとかは利用停止の連絡をカード会社にしましょう。
キャッシュカードも銀行に口座の凍結の申請をすることです。
いくら紛失届を出していてもすぐにその手の手続きをしないとそこに過失があるとして追求されることがあります。
警察に行く前にカードの利用停止のお願いを優先してもよいくらいです。
ちなみに無事に見つかり、何事もなかったとしてもすぐに利用再開できるわけではないです。
再開の手続きもかなり面倒ですが悪用されるよりはマシと考えましょう。

財布を落として現金だけ、お金だけ抜かれたらどうする?

財布は見つかったが現金が丸ごと抜かれていることがあります。
どうしてそんなことをするのかといえば現金であれば足がほぼ付かないからです。
こんなときにはどうすればよいのか、といえばまず盗難届けを出しましょう。
監視カメラに映っていたりでもしない限りは相当に捕まることは厳しいでしょうが、とにかくカード類が戻ってきたことが不幸中の幸いと割り切ったほうがよいです。
現金だけ抜き取られていた場合、かなり戻ってくる可能性は低いですが盗難届は出しておきましょう。

財布を落としたら運転免許証はどうしたらいい?

財布に運転免許証を入れている人が大半でしょう。
財布を失う、ということは運転免許証も失くしてしまう、と同義の人が殆どです。
まずは、警察に遺失届を出します。
そして、免許証の再交付手続きをしましょう。
自分の住まいの都道府県にある運転免許センターにいって、免許証の再交付手続きをすることになります。
代理人不可であり、必ず本人がいくことになります。
また、当然、身分証で本人確認がされます。
普段から免許証を本人確認証にしていた人はパスポートとか保険証も忘れないようにしましょう。

落とした財布が見つかった時の一般的なお礼

遺失物を見つけてそれを持ち主に返した場合、 報労金を請求する権利が拾得者にはあります。
要するに「お礼」となるわけですが一般的に落とした物の1割とされているのはご存知でしょう。
これは正確には落とし物の価格の5%~20%以下に相当する金額、という規定があります。
多くの場合、その間をとって1割としているわけです。
落とした物次第ですが現金ならばその額面で、物であれば相当する金額に換算してその5%から20%の間で話し合って決めるわけです。

財布を落としてお金がない、帰れない!どうやって帰る?

財布を落としてしまって帰るお金がない、となってしまっても実はどうにかできる手段があります。
それが公衆接遇弁償費制度を利用することです。
この制度のことを簡単にいいますと警察署、交番でお金を借りることができる制度であり、原則的に1000円までになります。
当然、書類などを書くことになりますし、後で返済もすることになりますが、本当に財布を落として帰りの交通費として借りることができますのでこれは覚えておきましょう。

財布を落としたらクレジットカードはどうする?

財布の中にクレジットカードを入れているでしょうから、失くした場合、すぐに対処する必要性があります。
クレジットカードも勝手に使われることがあるわけですから、使えないようにすることが基本になります。
そんなに難しい話ではなく、カード会社に電話して財布を落としてカードも一緒に失くしたので利用停止の措置をして、といえばよいです。
もちろん、諸々と確認されることになりますがそんなに時間はかからないので悪用、不正使用をさせないためにも停めましょう。

財布を落としたら監視カメラを確認してもらえるの?

お店などで財布を落とした確信がある場合、監視カメラでの確認をしてもらいたいと思うでしょう。
当然ですが店側に見せる義務などないです。
警察にお願いして、となれば別ですが見せて欲しいと個人的にいってもかなり厳しいです。
警察にいってください、と店の人にいわれて紛失届けを出してもすぐに警察が確認にいってくれるわけもなく、意外と時間が経ってしまうこともあります。
そもそも実は拾ってもすぐに届け出る義務があるわけでもないのでしばらくは待ちの姿勢になってしまうのです。

財布を落とした後カードを悪用されたら?

財布を落としてしまってまず多くの人が恐れるのがクレジットカードの悪用でしょう。
落としたカードが他人に悪用されてしまって、多額の買物をされる可能性があるわけです。
この時、一体どうなるのか、といえば実は心配は無用です。
クレジットカードに付いている盗難保険によって、一定の金額までは補償してもらうことができます。
但し、それはこちらに大きな過失がない場合です。
すぐにカード会社に連絡をしなかった、紛失届けを出していないなどの過失があるとトラブルになりますから注意です。

財布を落とした時キャッシュカードの再発行はできる?

財布に入れていたキャッシュカードを失ってしまったら、もう銀行が利用できないのか、といえば当然、そんなことはなく普通に再発行をお願いすることができます。
申込み自体はそんなに難しいことはないのですが時間がそこそこかかることはあります。
書留などで本人確認込みで、となりますので長いと何週間かかかることもあります。
それに再発行の手数料がかかる銀行も多いです。
しかし、一定の条件をクリアしていれば無料としているところもありますから確認してみましょう。

財布を落としたら警察に連絡しよう

財布を落としたときにまずやることは警察にいくことです。
これは警察に遺失物としてきていないのかという確認であり、それがなかったら紛失届けを出すべきでしょう。
手続きには費用は不要ですし警察から嫌がられることもないです。
届出を出しておくことは必須になります。
カード類などが悪用されたときなどに自分が使っていないことの証明にもなります。
警察への紛失届に加えて、後はカード会社にも連絡をしておき、利用の停止をお願いしましょう。

落とした財布が見つかったら警察から連絡があるかも

警察に届出を出しておきますと見つかりますと連絡が来るようになります。
ちなみに商業施設などで落とした場合でも警察から連絡がくることになります。
これは商業施設側が探すわけではないですし、免許証などの個人情報が財布の中にあったとしても直接、連絡をとることはないからです。
一定期間、施設内で保管をして纏めて警察に届けることになっているからです。
つまり、基本的にはどこで落とそうとまずは警察に紛失届を出しておけば見つかったら、そこから連絡がくるわけです。

財布を落とした時の探し方

財布を落としたときの探し方のコツとして、確実にこの時は持っていたという時からこれまでのルート、行動をもう一度やってみることです。
すられたということでもない限り、落としたのは自分になります。
ですから、これまでの自分の行動をトレースして落とした可能性があるところを再度、歩くことです。
商業施設などであれば案内センターのようなところに落し物として届いてないかの確認もしましょう。
電話で問い合わせることも大抵はできます。

タクシーで財布を落としたら?

割とあるのがタクシーに落としてしまうことです。
これは別にそこまで焦る必要性はないです。
これはタクシー会社のほうで保管しているでしょうから、問い合わせるだけでよいです。
問題は自分が乗ったタクシーがどこかわからない、ということです。
この場合は可能性があるタクシー会社すべてに問い合わせるか、或いは警察に紛失届けを出して待つということになります。
最終的にタクシー会社でも遺失物は警察に届けることには違いはないのです。

財布を落としたら紛失届を出すべき?

財布を落としたら紛失届は絶対に出すことです。
そうしないとそもそもこちらの情報が警察に行かないからです。
もちろん、財布の中に個人情報を特定できるものがあれば連絡はくることもあるでしょう。
しかし、そんな可能性に賭ける意味などなく、あくまで届出を出しておくことが定石になります。
ちなみに書類を書くわけですが費用はないです。
届出を出しておくとクレカの不正利用などに対して自分ではないことの証明にもなります。

落とした財布に保険証が入っていたら?

財布に保険証を入れている人は多いでしょう。
もし財布を落とした場合は、再発行してもらうようにしましょう。
そもそも紛失届を出しておきますと保険証が不正に利用されたとしても自分以外の人間が使ったと証明することができるわけです。
もちろん、財布を落としてもすぐに戻ってくることもありますが紛失届を出したのであればその足で再発行の手続きをしてもよいくらいです。
保険証だけでもお金を借りることができたりするので自分ではない、悪用されたということが証明できるようにしておくべきです。

財布を落とした時、戻ってくる確率、戻ってこない確率ってどれくらい?

とある年の話ですが警視庁のデータによりますと財布関係の紛失届けは約37万件。
そのうち、65%くらいが持ち主が判明して返還されています。
ですから実は落としても返って来る可能性のほうが高いとすらいえる状態にあります。
返って来る確率が70%近いというのはかなり驚異的な数字になっています。
ちなみに報労金の放棄をする人、放棄をする手続きすら面倒なのでお礼はいらないから、ということで名前もつけずに去っていく人も意外と多いです。

財布を落として電車賃がない、電車に乗れない時は?

財布を落として帰るお金がない、電車代がないという状況のときには交番や警察署が近くにないか探しましょう。
まず、そもそも紛失届は出すことになりますからその手続きに、ということもありますが実は警察はそのような理由でお金に困っている場合に1000円までならば貸してくれる制度があります。
警察官から個人的に借りるわけではなく、キチンと制度になっているのですから条件さえ満たしているのであれば貸してもらえるでしょう。

財布を落とした時、重要な身分証明書は再発行を

財布の中に重要な身分証が入っていたのであれば再発行をお願いしましょう。
例えば運転免許証とか健康保険証です。
これは使えないと困るということもありますが、それによって様々な成りすましが可能になってしまうからです。
運転免許証は顔写真がついていますからそこまででもないのですが保険証などは写真がないのでなかなかに厄介です。
使えないと困るということもありますし、悪用されるのもよくないですから見つからないのであれば再発行をしてもらっておきましょう。

1458637139S1UqbpsN1uoTSof145863713820110516追加 728*90